今回は、原宿駅から徒歩2分のカスケード原宿2階のSPONTINIと、神宮外苑テニスコート前のシェイクシャックの2つをレポートします。どちらもミーハーな生田と飯窪さんがチェックしてそうなお店ですので、二人のファンの皆さんは早めにチェックしておいて間違いなし。※お店のステまではありませんw

SPONTINI|スポンティーニ

20151122-01

http://www.pizzeriaspontini.jp/

11月20日は「ピザの日」ということで、SPONTINIにピザを食べに行ってきました。11月20日は「ピッツア・マルゲリータ」の名前の由来となったイタリア王妃マルゲリータの誕生日ということで制定されたそうです。

以前、ナポリを旅行した際にガイドさんが教えてくれた話だと、王妃マルゲリータがナポリを訪れ、その記念にピザのコンテストを開催したそうです。そのコンテストで優勝したトマトソースとチーズとフレッシュバジルのピザに自分の名前を冠して、「ピッツア・マルゲリータ」と名付けたそうです。

そんなマルゲリータをSPONTINI原宿店で食べました。現在SPONTINIはカスケード原宿店と渋谷モディ店があります。今回は生田と飯窪さんが庭のようにしている印象の強いw原宿店のほうに行ってきました。SPONTINIカスケード原宿店は原宿駅を降りて銀だこの横の路地を進んでいくと左手のビルの二階に赤い看板が見えます。

20151122-02

店内に入るとすぐにショーケースに入った巨大なピザが目に付きます。初めに観た時には思わず「嘘!」と心のなかでつぶやきましたが、平静を装ってカウンターで830円(税抜)のマルゲリータとイタリアビール、モレッティ650円(税抜)を注文。すると店員さんが「ウノマルゲリータ、ウノモレッティ、ペルファボーレ!」とコール。レジを打つ女性とは別の女性がケースに入ったマルゲリータを取り分けて、奥の真っ赤な釜に入れて温めなおしてくれました。お金を払うと「グラッツェ!」とコール。店員も客も全員日本人なのに…と不思議に思いましたw

待つこと約1分、「SPONTINI」とロゴの入ったこれまた真っ赤なトレーに乗ったピザとナイフとフォーク、一緒に注文したイタリアのビール、モレッティが揃いました。トレーを持ってお店の一番奥のテーブル席へ。金曜日の夜9時という時間にもかかわらず、店内は意外にも空いていました。

20151122-03

テーブルについて、再びその大きさに驚きました。とにかくめちゃくちゃでかい。フィレンチェ旅行の際にファーストフード店やピッツェリアでピザを食べましたが、1ピースがこんな大きなピザは初めて観ました。大きさと同時に、厚みもすごいです。関西でおなじみの4枚切りの食パンを使ったピザトーストを想像してもらうと関西より西にお住まいの方には分かりやすいかも。

20151122-04

何枚か写真をとってからいただきました。ふわふわもちもちサクサクと3つの食感が味わえる不思議な生地が特徴的です。大きくて量は多いけど軽いので男性なら簡単に完食できると思います。女性にはちょっと大きいかなという感じです。実際他の女性客も完食するのに苦労してるようでした。味は大味で、トマトソースとチーズでいたってシンプル。その為、サイズも手伝って途中で味に飽きてきます。その時はテーブルなどに備え付けのCIRIOというチリペッパーオイルで味を変えるとよいです。

ピザと一緒に注文したモレッティは日本のビールのようなコクは無いですが、軽くてピザによく合います。イタリアのビールは基本的に日本のビールより軽いので、夏にゴクゴク行きたい感じです。

20151122-05

店内は木とコンクリートでオシャレですが、ネットの記事に反してガラガラ。すぐに人気は無くなりそうな印象です。すぐに日本撤退しそうなので、話題?のお店にチェックインしてSNSでリア充感を味わいたい人、握手会で二人との話題に使いたい人は今の内にw

シェイクシャック

20151122-06
http://www.shakeshack.jp/

シェイクシャックはニューヨークの公園内に常設された人気のハンバーガーショップ。日本1号店が明治神宮外苑テニスクラブ前に出来た周囲の自然と融合したお洒落な店構えが特徴的です。最寄り駅は東京メトロ外苑前駅で、駅から5分ほど歩きます。今は大人気で休日は1時間以上の大行列、価格は日本のハンバーガーチェーンの約2倍なので、いわゆるファーストフードと呼ぶには疑問ですが、僕個人の感想としてはこれまで日本で食べたどのハンバーガーよりも肉肉しいハンバーガーでまさに「肉充」と表現したくなるハンバーガーでした。

僕は平日の夜で雨の日に行きましたが、それでも行列は30人ほどはいたでしょうか。「最後尾」の立て札をもったスタッフの方に聞くと待ち時間は40分くらいとのことでした。実際、35分程度で僕の順番が着ました。晴れた休日のお昼ならもっと待ち時間は長そうですが、友人や彼女と外苑の並木のイチョウを眺めながら待つのは悪く無い気がします。

20151122-07

お店に入る際にスタッフからメニュー表を渡されますが、写真が載っていないのでじっくり観ないと少しわかりにくいです。注文するカウンターにもメニューの写真はありません。壁にメニュー表がディスプレイされていてオシャレですが、そちらも全て英語表記なので日本人にはわかりにくい限りです。その点、日本のハンバーガーチェーンは親切だなと思いました。

20151122-08

注文は普通にレジカウンターで行います。いわゆるセットメニューはないので、ダブルシャックバーガーとチーズフライのS、シャックマイスターエールというビールをそれぞれ単品で頼みました。しめて2386円になりました(^^;

20151122-09

注文が終わると注文内容が揃ったことを知らせてくれる端末を受け取ります。サイズ的には昔懐かしいポケットベルのような感じです。これを持ちながら店内で座席を確保して待ちます。※座席が空いてない場合は座席街の列に並ぶことになります。

僕は幸いすんなり座席を確保でき、5分ほどで注文内容が揃ったと端末に知らせが来たので、端末と交換で注文したメニューを受け取るために注文したカウンターの隣の受け取りカウンターに行きます。店内が混雑しているので注文客と受け取り客がすれ違うことになり、店内が少し混乱していました。店内の導線設計がイケてない気がします。

20151122-10

メニューを受け取り、確保していた席へ戻り何枚かの写真を撮ったあと、ハンバーガーにかぶりつきました。トマトとレタスが挟まっていましたが、その印象はあまりなく、肉汁あふれる柔らかいパティの存在感が圧倒的です。バンズの存在感も薄く小麦の香ばしい感じもなく、ひたすら肉を味わう感じでした。率直な感想は「美味しい」のひと言です。ただ、ダブルは重めだったので、次回はシングルにしようと思います。女性にもシングルがおすすめです。チーズフライはチーズがたっぷりとかかっている分、重めなのでこちらも注意が必要です。満足度は高いですが、満腹感と胃もたれ感も結構ありますw