suzukikanon_graduate

結局はファンは人生の決断を尊重して応援するしか出来ない

今日のシリアルイベントで発表があったそうですが。鈴木香音のモーニング娘。’16、及びHello!Prrojectを卒業するとのことです。アップフロントも辞めて芸能界も引退してしまうんでしょうね。

正直、全く想像していませんでしたので、また狼に変なスレでも立ったのかなぐらいに思っていたんですが、どうも事務所の公式発表もあるらしいということで、信じた次第です。

まずは、少し驚きましたが鈴木の意志を尊重したいと思います。鞘師もそうでしたが、17歳で自分の将来にしっかりとした夢を持って、そのために決心することがどれほど大変なことか、自分の17歳当時と比べると感じました。はっきりとした将来の志を示してモーニング娘。とハロプロを卒業していくのは、紺野以来でしょうか。

ファンの中にはもっともっとモーニング娘。としての夢を追いかけてほしいとか、歌について本人が語っていた夢を実現させて欲しいという人もいると思いますが、小学生の頃の夢と高校生になってからの夢が大きく変わるのがこの年頃の子供ではないでしょうか?

ましてや、早くして芸能界に入った子達は、一般人よりも遥かに多くの大人と接する機会が多く、大人びた考えや夢を抱くようになっても何も不思議ではありません。

去るものは追わず

僕個人のアイドルファンのスタンスとして、「去るものは追わず」と言うのがあります。加護→藤本→道重→飯窪という僕の過去の推し遍歴の中でも同じでした。それはスキャンダルによるものでも変わりません。本人が選んだ道を応援するだけです。このスタンスは僕の推しである飯窪さんに対してもそうだし、他のはアイドルに対しても今後も変わらないと思います。

去るものは追わずと言いましたが、もちろん僕自身も推しが去るのを寂しく感じますよ。道重の卒業ライブでも1曲めで泣いてます。もちろんもっと鈴木を応援していたい、歌を聞きたいというファンの気持ちを否定するわけではありません。

アイドル寿命はキャリア

僕は以前からアイドルの寿命は、アスリートと同じで年齢ではなくてキャリアが重要だと思っています。高橋や新垣、田中や道重が長く在籍していたので、鞘師や鈴木の卒業を早いと感じる方もいるでしょうが、5年という期間はこれまでのOGに比べて決して短くはありません。早くデビューしたアイドルは、その分早く卒業していくものです。

SATOYAMA movement、SATOUMI movementを通して福祉に興味を持って、その道に進みたいと思うのは立派なことだと思います。まだ17歳なので、今後の進学について準備する時間も持てますしね。遅すぎることも早過ぎることもない、良いタイミングだと思います。

将来は大学進学をして福祉について学び、それを活かして社会貢献していくのかもしれません。または大学で勉強している内にまた違う夢を見つけて進むかもしれません。

学生の頃に抱いていた夢を、そのまま叶えて職業について頑張っている方はほんの一握りの方だと思いますし幸せな方だなと思います。またそうでなくても、当時の夢とは違った形で幸せを掴む人もいるはずです。

モーニング娘。になる夢を叶えた、鈴木なら新しい夢もきっと叶えるでしょう。卒業までも卒業後も頑張って欲しいです。